MT5でCFD商品を取引する方法

MT5でのCFD取引には多くの利点があり、操作も非常に簡単です。

 

CFD取引はMT5のようなプラットフォームを使うのがベストです。CFD取引自体は慣れるまで難しいかもしれませんが、取引ニーズに合ったプラットフォームを使用しないと時には逆効果となり、大きな損失につながることがあります。MT4はその多機能性で有名で、幅広い人気を誇ります。その後継であるMT5は、MT4の技術的機能を拡張し、あらゆる種類の金融銘柄に対応し、さらに多くのトレーダーの需要に対応できるように構築されています。

なぜMT5でCFD取引をするのか?

MT5が受賞歴を誇るプラットフォームであるのには理由があります。まず、誰でもどこからでもアクセスできることです。パソコン、モバイルアプリ、あるいはウェブブラウザからであっても、MT5にアクセス可能です。さらに、複数口座使用などの機能により、口座間の切り替えや日々の管理にかける時間を短縮できます。同様に、統合された機能によりその時々の市場のボラティリティに合わせて、銘柄やカテゴリーを簡単にナビゲートすることができます。80種類のテクニカルインジケーターと21種類の時間足設定を持つ100種類のチャートを含む分析・テクニカル分析のための豊富なツールやインジケーターは、たった数回のクリック/タップで自由に使えます。それだけでなく、高い精度を一定に保つことを実現する合計7つの新しいインジケータがあり、そのうちの5つは今までにはなかった最新のトレンドインジケーターです。

 

MT5をニュースや最新情報のソースとして見た時、2つの機能が際立っています。そのうちの一つは、あらゆる種類の金融ニュースをアプリ内で読むことができるもので、お気に入りのニュースをリストに追加することができます。もうひとつは、経済カレンダーで、金融界の最新の出来事を把握することができます。そしてアプリが直面する最大のハードル、それは「使いやすさ」です。MT5は、ダウンロード、インストール、セットアップが簡単にできるように作られています。最新の気配値、チャート、金融銘柄など、メニューの中から必要なものを探さずとも全てがそこにあり、適宜ハイライトされています。

MT5でCFDを取引する

さて、MT5でCFDを取引するとなると、いくつかの注意点があります。CFDで買い注文または売り注文を出すという事は、CFD取引を使用して資産の値動きに投機することを意味します。簡単に言えば、トレーダーとブローカーとの間の契約です。最初に、ブローカーを選択し、口座を開設し、セットアップする必要があります。Focus Marketsは、業界最高水準の低スプレッドと、CFD市場について学ぶための優れたサポートを提供しています。これらの手順を完了すると、MT5にログインしてCFD取引を開始することができます。

 

1.気配値表示を開き、右クリックメニューから[銘柄一覧]メニューを選択します(または、キーボードのCtrl+Uを使用します)。CFD銘柄のリストから、取引したいものを選び、「銘柄を表示する」をクリックします。

 

2.口座に未入金の場合、取引を開始するための資金を入金する必要があります。

 

3.取引戦略の構築を開始し、CFD銘柄の値動きに影響を与える要因について熟知してください。

 

4.MT5での注文方法を理解し、ライブ口座に移行する前にデモ口座で練習を開始します。

 

取引したいCFDを選ぶのも大切ですが、取引の準備と戦略のテストは全く別のカテゴリーです。Focus Marketsでは、金融市場で取引するための知識を集め、自信をつけるのに役立つ多くの学習教材を見つけることができます。デモ口座は無料で開設でき、ライブ口座は数分で作成できます。受賞歴があり、金融ライセンスを保持するブローカーであるFocus Marketsは、お客様が安心してCFD銘柄を取引できるように、MT5について学ぶためのサポートを行っています。

 

 

証拠金取引はハイリスクです。

 

ハッピートレーディング♪

 

*この情報は、Focus Marketsのアナリストチームによって作成されたものです。すべての意見の表明は、予告なしに変更される場合があります。行われた意見は著者個人のものであり、Focus Marketsの意見を反映していない可能性があります。

当ウェブサイトの免責事項に加えて、このページの資料には、当社の取引価格の記録が含まれておらず、金融商品の取引の申し出または勧誘を表すものでもありません。 Focus Marketsは、これらのコメントから生じる可能性のある使用、および結果として生じる結果について責任を負いません。この情報の正確性または完全性に関して、表明または保証はありません。したがって、それに基づいて行動する人は、完全に自己責任で行動します。提供される調査は、特定の投資目的、財政状況、およびそれを受け取る可能性のある特定の人物のニーズを考慮していません。投資研究の独立性を促進するための法的要件に従って作成されていないため、マーケティングコミュニケーションと見なされます。

過去のパフォーマンスは、将来のパフォーマンスを保証または予測するものではないことに注意してください。このページは、事前の許可なしに複製またはさらに配布してはなりません。