MT4で通貨ペアを取引する方法

The Most Traded Currency Pairs

Focus Marketsのチュートリアルで、MT4での通貨ペアの取引方法を学びましょう。

 

MT4は、リテールFX取引において最も使用されているプラットフォームの1つでMetaquotes Inc.によって設計されています。

通常、個々の証券会社がクライアントのニーズに合わせてカスタマイズしています。その後継は、追加機能を備えたプラットフォームであるMT5です。しかし、最新のMT4のアップデートではその追加機能の一部が搭載されています。初期のBuild 600は現在Build 900となり、手動および自動どちらの取引も可能となっています。

 

MT4について知っておくべきこと

一般的に、世界中のトレーダーから高い評価を得ているため、多くのブローカーがMT4を採用しています。直感的に操作できる設計のため、初心者の方でもわかりやすく基本を学ぶことができます。2006年の最初のバージョンはPC版のみでしたが、間もなくプラットフォームに大きな変更を加えモバイル版も開発されました。

 

現在、Focus Marketsではパソコンとスマートフォン(iOS と Android の両方)の2 つのバージョンの MT4 にアクセスすることができます。モバイル版はそれぞれのアプリケーションストア(iOSの場合はApp Store、Androidデバイスの場合はGoogle Play)からダウンロードすることができます。偽造アプリを避けるためにFocus Markets MT4 の専用ページにあるダウンロードリンクの使用をお勧めします。

 

Focus Marketsの口座を使ってMT4で取引するまでの手順は以下の通りです。

1.PC版またはモバイル版の MT4 をダウンロードする。

2.PC版ソフトウェアまたはモバイルアプリをインストールします。

3.Focus Marketsでデモ口座を開設するか、ライブ口座を開設します。

4.Focus Marketsより送られてきたウェルカムメールを開きログイン情報を確認します。

5.MT4プラットフォーム左側にあるナビゲーターパネルで「口座」タブを右クリックし、「取引口座にログイン」を選択します。

6.必要なログイン情報をすべて入力し、FocusMarkets-Real2サーバーを選択後「ログイン」をクリックします。

7.入金と出金の案内ページ記載されている方法で口座に資金を入金します。完了したら、MT4インターフェースの下部にあるターミナルウィンドウに金額が表示されますのでご確認ください。

 

通貨ペアの取引を開始する方法

最後に、取引注文を開始する方法ですが、いくつかのステップで構成されています。まず、「新規注文」を開く必要があります。以下は、取引したい通貨ペアのチャートを開いた後の方法です。

1.売りと買いの値段が表示されたトレードパネルを開くか、Alt+Tをクリックします。

2.画面左側のメニューから、各通貨ペアを選択します。

3.キーボードのF9をクリックするか、MT4インターフェースの上部にある新規注文タブをクリックします。

4.表示されるポップアップウィンドウから、決済逆指値(SL)、数量、決済指値(TP)などの項目を自由に設定してください。

5.成行注文の場合は「買い」「売り」、保留注文の場合は「買い指値」「買い逆指値」「売り指値」「売り逆指値」から取引の執行方法を選択します。

 

これで完了です。では最初の取引を始めましょう。もしご不明な点がございましたら、いつでもFocus Marketsのカスタマーサポートにご連絡ください。

 

証拠金取引は高リスクを伴います。

 

ハッピートレーディング♪

 

*この情報は、Focus Marketsのアナリストチームによって作成されたものです。すべての意見の表明は、予告なしに変更される場合があります。行われた意見は著者個人のものであり、Focus Marketsの意見を反映していない可能性があります。

当ウェブサイトの免責事項に加えて、このページの資料には、当社の取引価格の記録が含まれておらず、金融商品の取引の申し出または勧誘を表すものでもありません。 Focus Marketsは、これらのコメントから生じる可能性のある使用、および結果として生じる結果について責任を負いません。この情報の正確性または完全性に関して、表明または保証はありません。したがって、それに基づいて行動する人は、完全に自己責任で行動します。提供される調査は、特定の投資目的、財政状況、およびそれを受け取る可能性のある特定の人物のニーズを考慮していません。投資研究の独立性を促進するための法的要件に従って作成されていないため、マーケティングコミュニケーションと見なされます。

過去のパフォーマンスは、将来のパフォーマンスを保証または予測するものではないことに注意してください。このページは、事前の許可なしに複製またはさらに配布してはなりません。