MT4 vs MT5: MetaTrader プラットフォームを比較、どちらがベスト?

A graphic image of a mobile phone with Eightcap's trading app on screen with trading charts in the background

 

MT5は、MT4の5年後に開発され、いくつかの追加機能を実装済み。

トレードの初心者でもMetaTraderのプラットフォームは聞いたことがあると思います。これはほとんどのCFDプロバイダーが提供する最も一般的な取引プラットフォームです。2000年にスタートしたMetaQuotes Software Corpは、金融機関で最も使用されているアプリケーションの1つとなっています。

MT4とMT5はどちらもユーザーにさまざまなツールを提供し、この業界で最も利用しやすいプラットフォームとなっています。しかし、この2つの間にはいくつかの違いがあり、以下ではその違いについて説明します。

 

MT4プラットフォーム 

MT4は、FXトレーダーの間で一般的に使用されている取引プラットフォームで、パソコンとスマートフォンのどちらのデバイスでも利用可能です。MT4は、Windows、macOS、Android、iOSなどのデバイスに簡単にダウンロードおよびインストールできます。人によってはプラットフォーム上でパスワードを変更するのが難しいと感じる方もいますが、実際は簡単に変更可能です。他のソフトウェアと同様に、最新バージョンにアップデートしておくことも重要です。

 

MT4では多くの機能が利用可能ですが、これからさらに詳しく説明していきます。

 

このプラットフォームでは、簡単にリアルタイムの価格変動を追うことができます。また、異なる時間枠で価格チャートを分析することもできます。このため、売買注文を出す前にトレンドを見極めようとする場合に、合理的に利用することができます。

MT4プラットフォームでは、以下のチャートを見ることができます。ローソク足、平均足、練行足チャート。

MT4ではエキスパートアドバイザー(EA)を使用して、取引を自動化することもできます。EAは、プラットフォーム上にアップロードされたスクリプトを使用します。EAを使用すれば、24時間365日コンピュータの前に座っている必要はありません。また、潜在的な価格動向を把握することで、取引機会を逃すこともなくなります。

 

MT5プラットフォーム

MT5プラットフォームはMT4より5年遅れて開発され、MT4ユーザーには利用できない追加機能を備えています。MT5では、38種類のテクニカルインディケータと44種類の図形、線などを使用することができ、より正確なテクニカル分析が可能になるよう設計されています。また経済カレンダーにより、最新のマクロ経済ニュースを見ることができます。MT5では、ヘッジとネッティングの両方が許可されています。

MT5で注文を出す場合、2つの成行注文、6つの指値注文、2つの逆指値注文、トレーリングストップから選択することができます。これが2つの成行注文、4つの指値注文、2つの逆指値注文、トレーリングストップのみを提供するMT4プラットフォームとの違いです。

 

MT4とMT5:どちらを選ぶべきか?

MT4とMT5のどちらを選択するかは、完全にご自身のニーズによります。ほとんどの方は、MT4 プラットフォームで取引することを選択していますが、どちらのプラットフォームも高速な実行を提供し、リアルタイムで価格変動を表示する点では変わりありません。

2つの間にはわずかな違いがあり、その違いを知ることでどちらの取引プラットフォームを選ぶのかを決めるのに役立ちます。

 

利用可能なデバイス

この記事の冒頭で説明したように、MT4ソフトウェアはパソコンとスマートフォンのどちらでも利用可能です。これはMT5プラットフォームも同様です。MT5ではウェブブラウザにてプラットフォームに直接アクセスすることが可能ですが、MT4ではパソコンであればソフトウェアを、モバイル機器であればアプリを必ずダウンロードする必要があります。

 

時間足

様々な時間足で価格を分析したい場合、取引戦略によっては決断を左右する要因になるかもしれません。

MT4ソフトウェアには9つの時間足があり、1分足から月足チャートまであります。

一方、MT5は、すべての銘柄にわたって21種類の時間足が用意されています。これには、2分、3分のタイムフレームや、異なる時間足チャートが含まれます。これは銘柄の徹底的な分析を行いたい方、特に需要と供給のレベルを特定したい方にとっては有益なものです。

 

独自のEAを構築

MT5取引プラットフォームの大きな利点の1つは、トレーダーが独自のEAを構築できることにあります。これにより既存のテクニカルインジケーターの限界に縛られることなく市場分析や価格の動きを予測する際に、より高いレベルの精度を確保することができます。

 

さあ取引を始めましょう!

MT4またはMT5での取引を始めたい、その際はぜひFocus Marketsへ!Focus Marketsでは2種類の口座を用意しております。また、Focus Marketsの無料デモ取引口座をダウンロードすることもできます。

 

※証拠金取引は高リスクを伴います。

 

ハッピートレーディング♪

 

*この情報は、Focus Marketsのアナリストチームによって作成されたものです。すべての意見の表明は、予告なしに変更される場合があります。行われた意見は著者個人のものであり、Focus Marketsの意見を反映していない可能性があります。

当ウェブサイトの免責事項に加えて、このページの資料には、当社の取引価格の記録が含まれておらず、金融商品の取引の申し出または勧誘を表すものでもありません。 Focus Marketsは、これらのコメントから生じる可能性のある使用、および結果として生じる結果について責任を負いません。この情報の正確性または完全性に関して、表明または保証はありません。したがって、それに基づいて行動する人は、完全に自己責任で行動します。提供される調査は、特定の投資目的、財政状況、およびそれを受け取る可能性のある特定の人物のニーズを考慮していません。投資研究の独立性を促進するための法的要件に従って作成されていないため、マーケティングコミュニケーションと見なされます。

過去のパフォーマンスは、将来のパフォーマンスを保証または予測するものではないことに注意してください。このページは、事前の許可なしに複製またはさらに配布してはなりません。