MT4においてのチャートの管理方法

How to go long or short on MetaTrader 4

 

MT4のチャートの使い方を学ぶ

チャートはトレーダーにとって欠かせないツールです。MT4でチャートを管理する方法を学び、トレードに最大限に活かしてください。価格チャートを通じて膨大な情報にアクセスすることができます。どのような情報やデータを使って取引戦略を立てるかは、トレーダー次第です。MT4でチャートを管理するためのチュートリアルをお読みください。また、Focus Marketsの無料デモ取引口座をお試しいただき、200以上におよぶ金融商品の取引に触れてみましょう。

 

MT4でのチャート管理入門

多くの市場データがある中で、それを正しく理解し解釈することは非常に重要です。MT4ではデザイン性に優れ、読みやすいチャートを使用することで、将来訪れる取引機会に素早く対応することができます。MT5をお使いの場合は、MT5の記事をお読みください。

 

このMT 4のチュートリアルは、以下のことについて説明します。

  • 新しいチャートを開き、アレンジする  
  • チャートの種類と時間枠の変更   
  • MT4チャートの拡大・縮小   
  • インジケーターの追加と削除   
  • 取引チャートのカスタマイズ   
  • 定型チャートと組表示の使用   
  • チャートデータのエクスポート 

 

新しいチャートの開き方

MT4を初めて起動したとき、チャートが1つも開いていない場合は「ファイル」から「新規チャート」をクリックしてください。

新しいメニューが開き、最も人気のある通貨ペアが一番上に表示され、残りの銘柄は種類ごとにグループ化されています。必要なものを選択してください。

チャートは最大化することも、小さなウィンドウに表示することもできます。

 

チャートのアレンジ

チャートを通常のウィンドウとして簡単に閉じたり管理することができます。作業前にはチャートをクリックしてハイライトするのを忘れないでください。

複数のチャートを開いて、チャートの下のタブから切り替えたり、タイルのように並べることも可能です。そのためには、チャートの上のツールバーの「ウインドウの整列」ボタンを使うか、チャートタブを右クリックすることで、簡単に表示を切り替えることができます。

MT4のチャートを移動・調整する方法

価格がチャートの端に密着している場合、「チャートの右端をシフト」ボタンをクリックすると、チャートの端を右の境界線からずらすことができます。ボーダーからの距離は、表の上部にある小さなグレーの逆三角マークで調整できます。

 

「チャートの右端をシフト」の左隣に 「更新情報と共にチャートを自動スクロール」ボタンがあり、チャートは自動的に最新のバーに移動し、常に画面上に表示されます。

ツールバーにすべてのチャートボタンが表示されていることを確認するには、「表示」メニューから「ツールバー」を選択し、「チャート」にチェックが入っていることを確認します。

チャートに変更を加えたい場合は、右クリックメニューを開いてください。そこで、チャートのグリッドや出来高を削除したり、追加したりすることができます。また、拡大・縮小も可能です。

MT4のチャートの種類

チャートツールバーのボタンから、データの拡大・縮小や、ラインチャート、ローソク足、バーチャートなどのチャートの表示方法を変更することができます。

さらに、チャートの境界線を定義することで、非常に精密にズームすることができます。これは、「チャート」メニューの「プロパティ」にて行うことができます。

MT4チャートのスケールオプション

「スケールの固定」または「スケールを1:1に固定」オプションを選択できます。「OK」をクリックして保存します。

チャートの左右のスクロールは、キーボードのカーソルキー、マウスのスクロールホイール、またはマウスでチャートをドラッグすることで行えます。F12キー(左へ1本ずつスクロール)、Shift+F12キー(右へ1本ずつスクロール)でもチャートの移動が可能です。

チャートのスケールが固定されている場合は、縦方向にスクロールさせることもできます。

MT4チャートにナビゲータを追加する

メインメニューの「挿入」や、「ナビゲーター」メニューからのドラッグ&ドロップ、またはツールバーの「インジジケータリスト」ボタンからインジケータを追加することができます。

チャートからインジケーターを削除するには、インジケーターを右クリックし、メニューから「分析ツールを削除」を選択します。

たくさんのインジケータを追加している場合は、チャート上で右クリックし、メニューから「インジケータリスト」を選択します。新しいウィンドウが表示されますので、有効になっているインジケーターを必要な数だけ選択し、一括で削除してください。

詳しくはFocus Marketsの「MT4でインジジケータを追加してチャートを編集する方法

」で、インジケーターの操作について解説していますのでご覧ください。

 

定型チャートとチャートの組表示の使用方法

また、ツールバーから定型チャートの読み込み、保存、削除が可能です。

ツールバーまたは「周期設定」ボタンからチャートの時間足を変更することができます。

定型チャートと同様に、チャートの組表示オプションは、チャートグループ全体とその設定の保存と読み込みを可能にします。チャートの組表示は「ファイル」メニューまたはツールバーの「チャートの組表示」ボタンから管理することができます。

チャート分析には、「挿入」メニューやツールバーから追加できる線や図形、文字なども使用できます。

MT4チャートのカスタマイズ方法

チャートのカスタマイズは、チャート上で右クリックメニューの「プロパティ」を選ぶ事でチャートの各要素の色を変更することができます。

チャートのカスタマイズやテンプレートの使い方については、Focus Marketsの「MT4でインジケーターを追加してチャートを編集する方法」をご覧ください。

 

チャートデータのエクスポート

ライブチャートの履歴データは、「ファイル」メニューの「名前を付けて保存」または「画像として保存」コマンド、もしくはチャート上で右クリックすることで保存することができます。チャートはCSV、PRN、HTM、BMP、GIFなど様々なフォーマットで保存できます。チャートの印刷も同じメニューから行えます。

 

チャートデータ上にて何らかのエラーが発生した場合はチャートを更新する必要があります。チャート上で右クリックし、メニューから「更新」を選択します。

ハッピートレーディング♪

*この情報は、Focus Marketsのアナリストチームによって作成されたものです。すべての意見の表明は、予告なしに変更される場合があります。行われた意見は著者個人のものであり、Focus Marketsの意見を反映していない可能性があります。

当ウェブサイトの免責事項に加えて、このページの資料には、当社の取引価格の記録が含まれておらず、金融商品の取引の申し出または勧誘を表すものでもありません。 Focus Marketsは、これらのコメントから生じる可能性のある使用、および結果として生じる結果について責任を負いません。この情報の正確性または完全性に関して、表明または保証はありません。したがって、それに基づいて行動する人は、完全に自己責任で行動します。提供される調査は、特定の投資目的、財政状況、およびそれを受け取る可能性のある特定の人物のニーズを考慮していません。投資研究の独立性を促進するための法的要件に従って作成されていないため、マーケティングコミュニケーションと見なされます。

過去のパフォーマンスは、将来のパフォーマンスを保証または予測するものではないことに注意してください。このページは、事前の許可なしに複製またはさらに配布してはなりません。