MT4のナビゲーターと気配値表示パネルの使い方

Trading Cryptocurrency CFDs vs. Traditional Investing: What’s The Difference?

MT4のインターフェースを操作する方法をご紹介します。

 

Focus Marketsでは、MT4 プラットフォームを使用して、FX、CFD などの取引を行うことができます。多くの高度な機能と取引ツールを備え、直感的なインターフェースと組み合わせた MT4 取引プラットフォームでは、口座管理、定型チャート、注文作成などの操作が分かりやすく簡単にできるようになっています。

 

最も重要なコンポーネントは、プラットフォームの左側に位置するナビゲーターと気配値表示パネルです。この記事では、この2つのパネルをフル活用するのに役立つ情報を提供します。MT5を使用している場合は、MT5の記事をお読みください。

 

このMT4チュートリアルでは、次の事について説明します。

  • 気配値表示とナビゲーターパネルを表示/非表示にする  
  • ナビゲーターから口座を切り替え、追加する  
  • 口座の開設とログイン、パスワードの変更   
  • ナビゲーターからインディケータを管理、購入する  
  • ナビゲーターでEAを管理する  
  • 気配値表示から注文を出す  
  • 気配値表示をカスタマイズする  
  • チャート、板注文画面を開く  
  • 仕様メニューを使用する

MT4でのナビゲーターパネルの使用方法

MT4のナビゲーターパネルでは、口座、EA、インディケータなど、取引プラットフォームにおける重要なコンポーネントの多くにアクセスできます。

MT4でナビゲーターパネルが表示されない場合は、「Ctrl + N」または「表示」メインメニューから「ナビゲーター」を選択してください。

また、ツールバーのナビゲーターボタンをクリックするだけでも可能です。

同じ操作でパネルを閉じることができます。

ステップ1 – MT4ナビゲーターパネルで口座を管理する

利用可能な口座やツールはグループ化されており、各項目の左にある小さな「+」をクリックすることで拡張することができます。

口座グループでは、口座の切り替え、新規口座開設、削除が簡単にできます。グループ上で右クリックするとメニューが開きます。最初に表示されるのは、「デモ口座の申請」です。無制限に口座を開くことができます。

 

この機能は、新しいデモ口座のみを開き、ライブ取引口座ではないことに注意してください。ライブ口座の開設は、EメールまたはFocus Marketsのクライアントポータルにてご依頼ください。

口座ログインと口座の切り替え

「取引口座にログイン」オプションでは、すでに作成された取引口座に切り替えることができます。口座を切り替えるには、希望の口座をダブルクリックするだけでも可能です。ログインする前に、パスワードの確認を求めるポップアップウィンドウが表示されます。一度ログインした口座は、口座フォルダーに保存されます。

口座開設やログインの詳細については、「Windows PCでMT4プラットフォームをダウンロード、インストール、ログインする方法」および「MT4でデモ口座を開設する方法」ガイドをお読みください。

 

ウェブトレーダー

「ウェブトレーダーにログイン」は、ブラウザでWeb版のプラットフォームを開きます。同じログイン情報でウェブトレーダーにログインすることができます。当社がサポートするすべての言語を含むFocus Marketsバージョンのウェブトレーダーにアクセスするには、(webtrader.eightcap.com *Focus Markets版リンク)にアクセスしてください。ただし、現在、ウェブトレーダーはMT5口座でのみ利用可能です。

 

パスワードの変更

特定の口座のパスワードを削除または変更したい場合は、右クリックメニューから「パスワードの変更」を選択してください。

口座のパスワードを変更する方法については、「MT4 のパスワードを変更する方法」ガイドをお読みください。

 

MQL5.コミュニティに登録されている場合、選択した口座を「シグナル」サービスに登録することができます。また、口座をお気に入りに追加したり、サードパーティのVPSを追加したりすることもできます。お気に入りとしてマークされた口座やツールは、ナビゲーターのお気に入りタブで確認することができます。

ステップ2 – MT4ナビゲーターでインジケーターを管理する

インジケーターグループでは、インジケーターを右クリックして 「チャートに表示」を選択するか、インジケーターをチャートにドラッグ、もしくはダブルクリックするだけで簡単に任意のインジケーターをチャートに追加することが可能です。

インジケーターの使い方については、「MT4でインジケーターを追加してチャートを編集する方法」ガイドをご覧ください。

 

カスタム・インジケータを作成した場合、独自のグループに分類されます。

 

インジケーターのアイコンの上に小さな丸がある場合、右クリックメニューで、ナビゲーターからインジケーターを修正または削除するなどのオプションが表示されます。修正 “を選択すると、MetaEditorでソースコードを編集することができます。また、「MetaEditorで新規作成」を選択すると、独自のカスタムインジケーターを作成することができます。

「プログラムを注文」や「ライブラリ」など、MQL5コミュニティのメンバーであれば利用できるオプションもあります。

 

「マーケットで購入」はMT 4プラットフォームのアプリケーションストアを開き、「ショートカット設定」はインジケーターのショートカットキーを設定することができます。

カスタムショートカットキーは事前定義されたものを上書きしますのでご注意ください。

 

「更新」は、既に作成されたファイルをフォルダに表示させる際に使用するオプションです。

 

ステップ3 – MT4ナビゲーターでEAを管理する

エキスパートアドバイザー(EA)グループには、インジケーターグループと同様に、プラットフォーム上で利用可能なすべてのEAが含まれています。EAは、取引と分析を自動化するのに役立ちます。その右クリックメニューは、インジケーターメニューと同じです。

EAの使用方法については、「MT4プラットフォームでExpert Advisor(EA)を有効化、起動、カスタマイズする方法」をお読みください。

 

 

MT4 の気配値表示パネル

気配値表示には、取引可能なすべての銘柄が表示されます。このパネルには、左上隅に通貨ペア、Bid(買い)とAsk(売り)の価格、プラットフォームの時間が表示されます。銘柄は、リスト上でドラッグして並べ替えることができます。

気配値表示パネルは、「Ctrl+M」を押すか、「表示」メニューから「気配値表示」を選択することで開閉することが可能です。

また、ツールバーから「気配値表示」ボタンをクリックするだけでも可能です。

ステップ1 – 注文を出す

利用可能な銘柄であれば、気配値表示パネルからチャートを開き、取引を行うのは簡単です。右クリックすると、大きな右クリックメニューが表示されます。一番上のコマンドで、注文の変更や新規注文ができます。「新規注文」ウィンドウは、選択した銘柄をダブルクリックするか、「F9」キーで開くことができます。

取引に関する詳細は、「MT4での取引注文・決済方法」をご覧ください。

ステップ2 – チャートの管理

「チャート表示」では、選択した銘柄のチャートを開くことができます。チャートウィンドウに銘柄をマウスで直接ドラッグすることでも行えます。

 

注文に関しては、「MT4でチャートを管理する方法」のガイドをお読みください。

 

右クリックメニューから「ティックチャート」を選択するか、下部のタブを切り替える事で選択した銘柄のティックチャートが同じウィンドウ内に開き、選択した銘柄の値動きが非常に分かりやすく表示されます。

ステップ3 – 板注文を確認する

「板注文画面」コマンド (Alt + B) は、選択した銘柄の売買注文を、その時点の最良の市場価格で表示します。市場の深さと流動性は強く相関しています。各価格でより多くの注文が執行されると、通常、市場の深さと流動性は増加します。

ステップ4 – 仕様とカスタム設定を利用する

「仕様」を選択すると、銘柄の詳細を表示するウィンドウが開き、スプレッド、証拠金通貨、契約サイズ、ストップレベル、最小および最大取引数量、買いおよび売りスワップ、取引時間などを調べることができます。

資産の仕様について詳しく知りたい方は、「MT4で取引数量、契約サイズ、スワップレートなどの仕様を調べる」のガイドをご覧ください。

 

次のいくつかのオプション。「非表示」、「全て非表示」、「すべて表示」、「通貨ペア」では、リストに銘柄を追加したり削除したりすることができます。取引中またはチャート表示中の銘柄は非表示にならないことに注意してください。

 

「すべて表示」はトレーダーが利用できるすべての銘柄を表示するために使用します。すべてのシンボルが表示されたら、キーボードで最初の文字をタイプする事で検索できます。

 

「通貨ペア」 は追加ウィンドウを開き、タイプ別にグループ化されたシンボルを追加または削除することができます。

「セット」では、現在の銘柄リストを保存したり、既存の銘柄リストを読み込んだりすることができます。

下の5つのオプションにチェックを入れると、気配値表示に追加の項目を表示/非表示にすることができます。

 

「スプレッド」は買値と売値の差を表示します。  

「高値/安値」 はその日の相場価格の最高値と最安値を表示します。  

「グリッド」を有効にすると、マーケットウォッチの列を区切るグリッドが表示されます。  

「自動整列」は、デフォルトでチェックが入っており、ウィンドウサイズを変更すると自動的に列が並び替わります。

 

全ての項目を含む気配値表示はこのように表示されます。

ステップ5 – ポップアップ価格の表示

「気配値ポップアップ表示」 は 気配値表示に表示されている銘柄と同じリストを、新しいポップアップウィンドウで開きます。これは主に情報提供のための機能ですが、ここから注文画面を開くこともできます。またF10を押して開くこともできます。

ハッピートレーディング♪

 

*この情報は、Focus Marketsのアナリストチームによって作成されたものです。すべての意見の表明は、予告なしに変更される場合があります。行われた意見は著者個人のものであり、Focus Marketsの意見を反映していない可能性があります。

当ウェブサイトの免責事項に加えて、このページの資料には、当社の取引価格の記録が含まれておらず、金融商品の取引の申し出または勧誘を表すものでもありません。 Focus Marketsは、これらのコメントから生じる可能性のある使用、および結果として生じる結果について責任を負いません。この情報の正確性または完全性に関して、表明または保証はありません。したがって、それに基づいて行動する人は、完全に自己責任で行動します。提供される調査は、特定の投資目的、財政状況、およびそれを受け取る可能性のある特定の人物のニーズを考慮していません。投資研究の独立性を促進するための法的要件に従って作成されていないため、マーケティングコミュニケーションと見なされます。

過去のパフォーマンスは、将来のパフォーマンスを保証または予測するものではないことに注意してください。このページは、事前の許可なしに複製またはさらに配布してはなりません。