MT4でインジケーターを追加してチャートを編集する方法

Graphic image showing candlestick chart

MT4のチャートにインジケーターを追加する方法と、チャートをさらにカスタマイズする方法についてご紹介します。

MT4のチャートの基本的な機能を理解した後は、そのカスタマイズオプションについて学び、自身のニーズにマッチしたチャートを作成しましょう。

 

MT4でチャートを開き方と、そのアレンジ方法の基本を再確認するには、Focus Marketsのチュートリアル「MT4でチャートを管理する方法」をお読みください。

 

MT4でローソク足などのチャート要素の色を変更する方法や、各種インジケーターの追加方法を学ぶことで取引の効率化やチャートの解釈のしやすさが向上します。MT5をお使いの場合は、MT5の記事をお読みください。

 

このMT4のチュートリアルでは、以下のことについて説明します。

  • チャートをカスタマイズし、色を変更する  
  • チャートテンプレートとプロファイルの使用   
  • インジケーターの追加と削除   
  • MT4でインジケーターを設定する  
  • マーケットからインジケーターをダウンロードする

 

チャートの編集とカスタマイズ方法

色の変更

チャートをカスタマイズするには、コンテキストメニューを開き、「プロパティ」で様々なチャートの要素の色を変更することができます。

この例ではデフォルトで背景が黒、前景が白であることがわかります。前景には、チャートの数字や日付が表示されています。価格の動きをより明確にするためにローソク足の設定を変更し、「Bar Up」と「Bar Down」を色分けすることができます。また、背景色を完全に変更し、異なる外観にすることができます。

また、カスタムカラーを追加することも可能です。例えば、グリッドの色を微調整して新しい配色に最適なものにすることができます。色を選択したら「カスタムカラーに追加」をクリックし、「OK」をクリックします。

定型チャート

作成した新しいチャートは定型チャートとして保存でき、他のチャートや取引口座にすぐに適用することができます。チャートから右クリックメニューを開き、「定型チャート」から「定型として保存」を選択するだけです。

定型チャートの名前を決め、「保存」をクリックします。

また、右クリックメニューから定型チャートを読み込むこともできます。ツールバーの「チャートの定型の設定」ボタンからも同様の操作が可能です。

定型チャートと同様に、組表示オプションを使用すると、チャートグループ全体とその設定を保存および読み込むことができます。チャートの組表示は「ファイル」メニューまたはツールバーの「チャートの組表示」ボタンから管理することができます。

MT4 チャートにインジケーターを追加する方法

メインメニューの「挿入」、「ナビゲーター」メニューの「インジケーター」からチャートへのドラッグ&ドロップ、もしくはツールバーの「インジケーターーリスト」ボタンからインジケーターを追加することができます。

MT4でインジケーターを設定する

インジケーターは、適用する際にチャートと同様に設定することができます。ほとんどのインジケーターは、線の色、線の太さなどの線に関する項目をはじめ期間や「最小値固定」「最大値固定」のオプションなどの設定可能な項目などがあります。インジケーターによっては、追加で設定可能な項目があります。設定に満足しない場合はいつでもリセットすることができます。

すべてのインジケーターは、設定ウィンドウの「表示選択」タブから各時間足毎に設定することができます。初期設定は「すべての時間足に表示」で、時間足を切り替えても常にチャートにインジケーターが表示されるようになっています。

設定ウィンドウは、インジケーターを起動した後に右クリックメニューから開くことができます。インジケーターを削除するには、同メニューから「分析ツールを削除」を選択してください。

たくさんのインジケーターを追加している場合は、チャート上で右クリックし、メニューから「インジケーターリスト」を選択することができます。ウィンドウが表示されますので、有効になっているインジケーターを必要な数だけ選択し、一括で削除してください。

チャート分析には、「挿入」メニューやツールバーからグラフィカルオブジェクトを追加、使用することもできます。

マーケットからインジケーターをダウンロードする

追加のインジケーターをインストールするにはMetaTrader公式サイト(www.mql5.com)にアクセスしてください。

 

「マーケット」メニューを選択し、画面左側からMT4とインジケーターで検索結果を絞り込みます。ここでは、お使いのプラットフォームに実装されていないインジケーターを購入または無料でダウンロードすることができます。

選んだインジケーターのページを開き、ダウンロードしてください。

ダウンロードすると、インジケーターは自動的にインストールされ、「ターミナル」ウィンドウの「マーケット」タブに表示されます。

インジケーターは「ナビゲーター」ウィンドウにも表示されます。右クリックメニューから、有効化したり変更したりすることができます。

また、新しいインジケーターを探すには、「ナビゲーター」 ウィンドウの 「インジケーター」 の右クリックメニューを開き、「ライブラリ」を選択します。利用可能なインジケーターのリストは、「ターミナル 」ウィンドウに表示されます。いずれかをダブルクリックすると、公式サイト上の該当ページにリダイレクトされます。そこからの手順は同じです。

 

カスタムインジケーターの設定

上級トレーダーやコーダーは、MT4に独自のインジケーターを設定することができます。これを行うには、「ナビゲーター」ウインドウ上、インジケーターの右クリックメニューを再度開き「MetaEditorで新規作成」を選択してください。

MetaEditorアプリケーションが自動的に起動します。どんなサイズや複雑なカスタムインジケーター、EAやスクリプトも作成することができます。

ハッピートレーディング♪

 

*この情報は、Focus Marketsのアナリストチームによって作成されたものです。すべての意見の表明は、予告なしに変更される場合があります。行われた意見は著者個人のものであり、Focus Marketsの意見を反映していない可能性があります。

当ウェブサイトの免責事項に加えて、このページの資料には、当社の取引価格の記録が含まれておらず、金融商品の取引の申し出または勧誘を表すものでもありません。 Focus Marketsは、これらのコメントから生じる可能性のある使用、および結果として生じる結果について責任を負いません。この情報の正確性または完全性に関して、表明または保証はありません。したがって、それに基づいて行動する人は、完全に自己責任で行動します。提供される調査は、特定の投資目的、財政状況、およびそれを受け取る可能性のある特定の人物のニーズを考慮していません。投資研究の独立性を促進するための法的要件に従って作成されていないため、マーケティングコミュニケーションと見なされます。

過去のパフォーマンスは、将来のパフォーマンスを保証または予測するものではないことに注意してください。このページは、事前の許可なしに複製またはさらに配布してはなりません。