MT4プラットフォームでExpert Advisor(EA)を有効化、起動、カスタマイズする方法

 

MT4でエキスパートアドバイザー(EA)を作成し、使用する方法。

エキスパートアドバイザー(EA)はロボットとも呼ばれ、MT4プラットフォームにて起動または追加することで、取引プロセスや分析を自動化する補助的なプログラムです。アルゴリズムの使用により、EAは金融市場を調査、分析し、取引に必要な情報を見出します。EAは、特に複数のポジションを持つ場合、自動的に取引を行い、決済するためによく使用されます。EAは、トレーダーに通知を送ったり、トレーリングストップやリミットなどの取引条件を自動的に有効にすることができます。

 

Focus Markets口座を作成しMT4での取引の基本を理解したら、次はEAで何ができるかについて理解する準備ができたと思います。このチュートリアルでEAの起動とカスタマイズの方法を学ぶことで、取引をより効率的に行うことができます。

 

このMT4のステップバイステップのチュートリアルでは、次の事について説明します。

  • MT4でEAを有効化し、起動する 
  • MT4チャートからEAを追加および削除する  
  • メタエディターでEAを作成し編集する  
  • マーケットからEAをダウンロード

 

MT4でEAを有効にする方法

EAの使用と拡張を開始する前に、まず、EAが有効であり、ログイン中の取引口座上で設定されていることを確認する必要があります。これを行うには、ツールバーの「自動売買」ボタンを使用します。ワンクリックで、MT4プラットフォームの自動売買を有効/無効にすることができます。

EAを有効にし、設定するためには、メインメニューの「ツール」から「オプション」を選択します。

ポップアップしたオプションウィンドウから、「エキスパートアドバイザー」タブを開き、「自動売買を許可する」にチェックが入っていることを確認します。

これによりEAなどのスクリプトが使用できるようになります。この設定を解除しても、スクリプトやEAは有効であるように見えることがありますが、取引を実行することはできませんのでご注意ください。無効モードの場合でも、リアルタイムモードでEAの分析能力をテストすることができます(履歴データでテストすることも可能です)。メインメニューまたはツールバーから自動売買を有効化および無効化すると、MT4ターミナル全体に影響し、個々のEAの設定を上書きします。特定のEAを有効にするには、一般的な自動売買の設定とEA自体の設定の両方を有効にする必要があります。

 

「オプション」ウィンドウから、どのような条件で自動売買を有効にするかを設定することができます。他の口座に切り替えたときにEAを有効化したままにしたくない場合は、最初のオプション「口座が変更されたら自動売買をストップする」にチェックを入れてください。同様に、「プロファイルが変更されたら自動売買をストップする」を選択すると、MT4プロファイルを変更した時にEAを無効にすることができます。通常、プロファイルには多くのチャートデータ(それに付属するEAを含む)が含まれているため、このオプションは特に重要です。このオプションにチェックを入れると、他のプロファイルのEAが即座に起動され、取引を開始するのを防ぐことができます。最後のオプション「チャートの通貨ペアまたは時間足が変更されたら自動売買をストップする」はチャートに重要な設定変更(時間足と銘柄の変更など)をしたときにEAを停止させることができます。

このタブでは、さらに2つの主要な機能を有効にすることができます。

「DLLインポートを許可する”、これは外部DLL(ダイナミックリンクライブラリ)で動作するEAに関連しています。これが無効になっている場合、どのEAもDLLを使用することはできません。MT4プラットフォームでは、信頼性の低いEAで作業する場合はこの機能を無効にすることを推奨しています。DLLを有効にすることにより開発者はアプリケーションを再リンクおよび再コンパイルする必要なく、機能性を更新するためのデータを共有することができます。

 

「Web Requestを許可するURLリスト」 – Web Requestは、GETおよびPOSTリクエストによるウェブサイトへの情報転送を可能にするMQL4機能です。MT4でこれを有効にするには、この機能を使用できる信頼できるWebサイトのURLもリストアップする必要があります。デフォルトでは安全上の理由により無効に設定されています。

MT4でEAを起動する方法

MT4の主な自動取引パラメータを有効にして設定すると、EAを起動する準備が整います。

 

これを行うには、ナビゲーターパネルに移動し、利用可能なすべてのEAを含むエキスパートアドバイザグループを展開します。有効にしたいEAの右クリックメニューを開き、「チャートに表示 」を選択すると、その時点でアクティブなチャートに追加されます。また、EAをチャートにドラッグする事もできます。

起動を確認すると、EAを設定するためのウィンドウがポップアップ表示されます。EAの種類は多くても、設定内容はほとんど同じです。エキスパートウィンドウには、「バージョン情報」、「全般」、「パラメーターの入力」のタブがあります。「全般」タブでは、EAを適用するポジションをロング、ショート、またはその両方から選択することができます。ここでは、アラームを設定したり、「自動売買を許可する」でEAを有効にすることもできます(EAは、一般的なMT4設定からも有効にしなければならないことに注意してください(同じことがDLL設定にも当てはまります)。

 

「外部エキスパートの使用を許可する」は、第三者プロバイダー製EAの動作を制御します。一部の外部EAはこれが無効のままだと動作しない場合があります。

 

一部のEAには、「シグナル設定の変更を許可する」オプションもあります。これは、シグナル(取引シグナルを提供するプロバイダへの加入、トレーダー自身の取引にコピーできる推奨取引を提供)への加入とその変更を可能にします。

「パラメーター入力」タブでは、ダブルクリックでEAのパラメータの値を変更できます。

 

ここで、事前設定済みの入力値のセットを利用することができます。「読み込み」をクリックし、「保存」をクリックし、現在値をセーブします。「リセット 」をクリックすると、デフォルトの設定に戻ります。

1つのチャートに追加できるEAは1つだけであることに注意してください。2つ目のEAが追加された場合、チャート上の1つ目のEAと置き換わります。

 

EAはプロパティウィンドウが閉じられた瞬間にアクティブになります。EAがアクティブになると、ティックが入ったときに実行されます。実行中は、EAの再起動中や動作の合間でない限り、プロパティウィンドウを開くことはできません。

 

チャートの右上にEAの名前と顔文字が表示されれば、チャートにEAが追加されていることが確認できます。このエキスパートのライブ取引が無効になっている場合は、顔文字の場所に「L」の文字が表示されます。アイコンをクリックすると、プロパティウィンドウが表示されます。ダガーのマークは、すべてのEAが無効になっていることを表しています。

MT4チャートからEAを削除する方法

先述のように、EAはオプション画面のエキスパートアドバイザータブにて、他のEAに置き換えたときや、別のチャートまたはテンプレートに切り替えたときに削除されます。しかし、EAを直接閉じるには、チャートから削除する必要がありますのでチャート上で右クリックメニューを開き、「エキスパートアドバイザー」を選択し、「削除」を選択してください。

 

プラットフォームがシャットダウンされると、EAも動作しなくなります。

同時に、ナビゲータからエキスパートを削除しても、すでにチャートに表示されている場合は、EA自体は停止しません。プラットフォームの一般設定(ツールメニュー)でエキスパートを無効化しても、エキスパートが完全に無効になるわけではありません。このアクションは、 各エキスパートがstart()関数を実行するのを防ぎ、init()関数はアクティブなままです。

 

ストラテジーテスト

MT4では、EAを使用する前に、テストすることができます。これは、異なる市場条件下で、履歴データに基づいて、その効率をテストする機会を提供するものです。

 

メインメニューの「表示」の「ストラテジーテスター」を選択すると、様々な戦略をテストし、使用するEAのパラメータを最適化できるテスターパネルが開きます。

EAのパラメータを調整しながら、その取引効率を評価し、収益性が最も高くなるタイミングを見つけることができます。

MetaEditorでエキスパートアドバイザーを作成する方法

MetaEditorの使用方法

MetaQuotes 4(MQL4)言語とMT4パッケージに自動的にインストールされるメタエディターの助けを借りて、ゼロからEAを作成することも可能です。

 

MetaEditorは、MT4クライアントターミナルのコンポーネントで、MQL4で書かれたエキスパート、インジケーター、ライブラリ、その他のスクリプトの作成と編集に利用されるものです。

 

編集プログラムを開くには、ナビゲーターパネルに移動し、エキスパートアドバイザグループの上で右クリックメニューを開きます。「MetaEditorで新規作成」を開きます。

また、メインのメニュー「ツール」、ツールバーのメタエディターボタン、またはF4キーを押してエディターを開くこともできます。

MQL4でエキスパートアドバイザーを作成する方法

メタエディターを開いた状態で、リストからエキスパートの編集を開始するか、新しいものを作成することができます。ツールバーの「新規作成」ボタンをクリックして新しいプロジェクトを開始し、「エキスパート・アドバイザー」にチェックを入れます。

次のステップでは、エキスパートの名前、作成者の名前(個人または会社)、作成者のウェブサイトへのリンク、必要なパラメータ(EA用の入力リスト)を入力します。「Next」を選択します。

次のウィンドウは、イベントに関する設定です。ここでいうイベントとは、カスタムEAコードを実行できる特定のタイミングを意味します。最初は、これらの設定をデフォルトのままにしておきましょう。

先ほど設定したEAがエディタに表示されます。これで、コードを書き始める準備が整いました。

作成終了後に完成させるには、メインメニューの “File “から “compile “を選択します。

または、ツールバーの「compile」ボタンをクリック(F5)します。これにより、拡張子が.EX4の実行可能なプログラムファイルが作成されます。

完成したEAのリストは、左側のナビゲータパネルで更新されます。ファイルが正しく完成されていない場合、EAのアイコンがグレーで表示されます。

メタエディターでMQL4によるEAを編集する方法

メタエディターでは、EAの右クリックメニューから「修正」を選択することで、任意のEAを簡単に編集することができます。一度修正すると、ファイルを再コンパイルする必要があることに注意してください。

マーケットからEAをダウンロードする方法

MetaTraderの公式ホームページ(https://www.mql5.com/ja)から何千もの有料および無料のEAを閲覧することができます。

 

「マーケット」メニューから、MT4とEAで検索結果を絞り込みます。ここでは、MT4プラットフォームにはまだ実装されていないEAを購入またはダウンロードすることができます。

EAの詳細ページを開き、ダウンロードします。

ダウンロードが完了すると、EAが自動的にインストールされ、ターミナルパネルの「マーケット」タブに表示されます。

EAはナビゲータパネルにも表示されます。そのコンテキストメニューを使用して、それをアクティブにし、変更することができます。

 

MQL5のホームページで検索する代わりに、ナビゲーターパネルでエキスパートアドバイザの右クリックメニューを開き、「ライブラリ」から選択することもできます。利用可能なEAのリストがターミナルに表示されます。いずれかのEAをクリックすると、サイト内のそのEAのページにリダイレクトされます。そこからの手順は、先ほど説明したものと同じになります。

ハッピートレーディング♪

 

*この情報は、Focus Marketsのアナリストチームによって作成されたものです。すべての意見の表明は、予告なしに変更される場合があります。行われた意見は著者個人のものであり、Focus Marketsの意見を反映していない可能性があります。

当ウェブサイトの免責事項に加えて、このページの資料には、当社の取引価格の記録が含まれておらず、金融商品の取引の申し出または勧誘を表すものでもありません。 Focus Marketsは、これらのコメントから生じる可能性のある使用、および結果として生じる結果について責任を負いません。この情報の正確性または完全性に関して、表明または保証はありません。したがって、それに基づいて行動する人は、完全に自己責任で行動します。提供される調査は、特定の投資目的、財政状況、およびそれを受け取る可能性のある特定の人物のニーズを考慮していません。投資研究の独立性を促進するための法的要件に従って作成されていないため、マーケティングコミュニケーションと見なされます。

過去のパフォーマンスは、将来のパフォーマンスを保証または予測するものではないことに注意してください。このページは、事前の許可なしに複製またはさらに配布してはなりません。