MT4におけるストップロス(SL)とテイクプロフィット(TP)の設定方法

MT4でストップロス(SL)&テイクプロフィット(TP)を設定し、リスクを管理する。

MT4プラットフォームは、トレーダーがリスクを軽減しながら取引をするのに役立つ多くの機能を有しています。まず、最も重要なことは、取引と証拠金を注意深く監視することです。ストップロス(SL)とテイクプロフィット(TP)の設定は、ポジションを常に監視する必要なく管理するために多くのトレーダーが使用しているオプションです。取引リスクを管理するもう一つの方法は、指値注文と逆指値注文を出すことです。最終的には、取引会社によってあらかじめ決められたマージンコールとストップオーダー(強制決済)が実行されます。

この記事では、MT4でストップロス(SL)とテイクプロフィット(TP)を設定する方法について説明します。

 

このMT4のチュートリアルでは、以下のことについて説明します。

  • ストップロス(SL)とテイクプロフィット(TP)とは   
  • MT4でストップロス(SL)とテイクプロフィット(TP)を設定する方法。  
  • 注文のストップレベルを計算する方法   
  • 注文後にストップロス(SL)とテイクプロフィット(TP)を変更する方法。

 

ストップロス、テイクプロフィットとは何か?

ストップロス(SL)とテイクプロフィット(TP)は、損失を最小限に抑えるため、または利益確定のためにポジションの決済価格を指定する指値注文です。

これはトレーダーが取引リスク管理の際によく使用する機能です。ストップロス(SL)の使用は、マージンコールやオープンポジションの強制決済を防ぐ方法の1つで、マージンコールレベルよりも高く設定することが効果的です。

ストップロス(SL)とテイクプロフィット(TP)を利用する利点は、トレーダーが取引を手動で執行したり、感情的な取引をしたり、パソコンの前で価格を注視していないといけないなどの心配をしなくていいことです。トレーダーは、取引している各市場の特性を理解する必要があります。市場によっては、日によってギャップが生じます。株式はその典型的な例で、セッションからセッションへ1%以上のギャップが生じることも珍しくありません。トレーダーはこの事をSLとTPに反映させる必要があります。なぜなら、設定価格の上下に差があると、SLまたはTPは設定価格で決済されず、次に売買可能な価格で決済されることになるからです。これは、価格がトレーダーのSL設定価格より低く始まった場合、より大きな損失につながる可能性があります。

ストップロス(SL)とテイクプロフィット(TP)注文は、市場分析、トレンドパターン、様々な指標に基づいたレベルで発注することができます。

 

ステップ1 – MT4でストップロス(SL)とテイクプロフィット(TP)を設定する方法

注文画面での注文の修正

注文画面では、注文数量(ロットサイズ)から始まり、ストップロス(SL)やテイクプロフィット(TP)の設定まで、注文内容を修正することができます。SLとTPの欄の矢印をクリックすると、現在の価格がポップアップ表示されますので、そこから調整することができます。

取引の注文と決済について詳しく知りたい方は、Focus Marketsの「MT4での取引注文・決済方法」をお読みください。

設定したSLまたはTPが現在の価格に近すぎる場合、「無効な S/L or T/P」というメッセージが表示されます。

 

商品のストップレベルの計算方法

SLとTPをどのレベルに置くべきかの計算を始めるには、気配値表示で取引したい商品に移動してください。そして、右クリックメニューから「仕様」を選択します。

 

新しいウィンドウで、その商品の「ストップレベル」を確認することができます。この数値は、現在の価格と設定したいSLまたはTP価格との間に必要な最小限の差を示しています。この差はピップスで表示されます。つまり、その商品の「ストップレベル」が30ポイントで、現在の価格レベルが例えば1.32136の場合、「買い」に入る場合、少なくとも1.32106のSLと少なくとも1.32166のTPを設定しなければならないということになります。注文を出すと、注文が成立したことを確認するメッセージが表示されます。

 

ピップについてもっと詳しく知りたい、計算したいという方は、Focus Marketsの「ピップとは?」を読んでください。

ステップ2 – MT4でストップロス(SL)とテイクプロフィット(TP)を修正する方法

SLとTPの追加と修正は、注文を出した後でも可能です。ターミナルウィンドウの「取引」タブで、すべての取引を見ることができます。各取引を右クリックすると、決済、変更、またはトレーリングストップの追加を選択できます。メニューから「注文の変更または取消」を選択します。

 

修正ウィンドウが開き、「注文の変更と取消」セクションで、商品の「現在値との差」と「下段にコピー」(青と赤で表示)が表示されます。これは現在の価格をSLとTPの欄にコピーし、より簡単に設定価格を変更することができます。入力した数値が無効な場合、下部の大きな「Modify」ボタンがグレーに変わり、修正するように指示が出ます。修正が完了したら、このボタンをクリックして送信してください。新しいSLとTPのレベルがターミナルとチャートに表示されます。

 

ストップロス(SL)やテイクプロフィット(TP)価格の変更は、チャート上のSLとTPのラインですることもできます。マウスでドラッグするだけです。チャートを使って取引する場合、この方法が最も簡単です。

 

ハッピートレーディング♪

 

*この情報は、Focus Marketsのアナリストチームによって作成されたものです。すべての意見の表明は、予告なしに変更される場合があります。行われた意見は著者個人のものであり、Focus Marketsの意見を反映していない可能性があります。

当ウェブサイトの免責事項に加えて、このページの資料には、当社の取引価格の記録が含まれておらず、金融商品の取引の申し出または勧誘を表すものでもありません。 Focus Marketsは、これらのコメントから生じる可能性のある使用、および結果として生じる結果について責任を負いません。この情報の正確性または完全性に関して、表明または保証はありません。したがって、それに基づいて行動する人は、完全に自己責任で行動します。提供される調査は、特定の投資目的、財政状況、およびそれを受け取る可能性のある特定の人物のニーズを考慮していません。投資研究の独立性を促進するための法的要件に従って作成されていないため、マーケティングコミュニケーションと見なされます。

過去のパフォーマンスは、将来のパフォーマンスを保証または予測するものではないことに注意してください。このページは、事前の許可なしに複製またはさらに配布してはなりません。