MT4におけるワンクリック取引とは?

MT4を使ってより効率的な取引を行う方法をご紹介します。

口座を開設し、MT4にログインしたら、取引の発注や修正の方法を知りたいと思うことでしょう。この記事は、MT 4で取引を開始し、注文を管理するのに役立ちます。MT5を使用している場合は、MT5の記事をお読みください。

 

標準的な注文方法

MT4の標準的な注文方法は、2つのステップで行います。この方法では、まず新しい注文ウィンドウを開き、注文タイプ、取引数量などを選択し、最後に注文実行ボタンをクリックして注文を送信する必要があります。

 

ワンクリック取引

一方、ワンクリック取引は、標準的な注文方法のような設定作業を必要とせず、ワンクリックで取引を執行できる迅速な取引方法です。この機能は、取引プロセスの簡素化と注文執行時間の短縮のために実装されており、操作のスピードを重視する経験豊富なトレーダーに最適です。

このMT4のチュートリアルでは、次のことを学びます。

  • MT4プラットフォームでワンクリック取引を有効にする
  • ワンクリック取引パネルの使用方法を学ぶ
  • 取引を発注および決済する
  • 注文内容を変更する

 

ステップ1 – ワンクリック取引を有効にする方法

ワンクリック取引を有効にするには、メインメニューの「ツール」から「オプション」を選択します。

 

「オプション」ウィンドウの「取引」タブを開き、「ワンクリック取引」にチェックが入っていることを確認します。

 

 

同じ手順でいつでもモードを解除することができます。それでもワンクリック取引パネルが表示されない場合は、取引チャート上で右クリックしてメニューから「ワンクリックトレーディング」を選択するか、Alt+Tで開いたり閉じたりしてください。

 

 

ワンクリック取引利用条件
本機能を初めて使用する場合、ワンクリックで売買をするにあたり、本機能の使用について同意を求めるウィンドウがポップアップ表示されます。よろしければ「規約と条件に同意する」を選択し、「OK」をクリックしてください。

 

 

ステップ2 – ワンクリック取引の利用方法

ワンクリック取引パネルには、「売り」「買い」ボタンと、それに対応する現在の買値と売値が表示されています。パネルが赤色の場合、その時点の価格が前回の価格より低いことを意味します。青色は高いことを意味します。15秒間価格が変化しない場合、パネルはグレーのままです。ボタンの間にある白い部分で、マイクロロットから標準ロットまでの注文量を設定することができます。

 

 

ワンクリック取引モードでは、注文の発注と決済を行うことができます。

チャートのパネルにある「売り」または「買い」ボタンをワンクリックします。  ターミナルウィンドウの取引タブから「x」をクリックすると、直接注文を閉じることができます。チャート上の取引開始価格ラインを右クリックすると、小さなウィンドウが開き、その注文を決済することができます。 

 

 

取引タブでは、ストップレベルの削除や変更も可能です。

 

 

注文ウィンドウを開き、注文を修正することもできます。まず、マーケットウォッチで商品をダブルクリックするか、右クリックします。

 

 

MT4での取引の基本を学ぶには、Focus Marketsのチュートリアル「MT4で取引注文・決済方法」をお読みください。

指値注文の変更方法

チャート上を右クリックし、売り指値と買い指値を設定します。

 

 

また、チャート上の注文の価格水準をクリックし、希望の価格水準までドラッグすることで、決済指値(TP)や決済逆指値(SL)の水準を設定・変更することも可能です。

 

 

注文の変更についての詳細は、「MT4における保留中の注文の種類、指値注文とその変更」および「MT4におけるSLとTPの設定によるリスク管理」のチュートリアルをご覧ください。

ハッピートレーディング♪

 

*この情報は、Focus Marketsのアナリストチームによって作成されたものです。すべての意見の表明は、予告なしに変更される場合があります。行われた意見は著者個人のものであり、Focus Marketsの意見を反映していない可能性があります。

当ウェブサイトの免責事項に加えて、このページの資料には、当社の取引価格の記録が含まれておらず、金融商品の取引の申し出または勧誘を表すものでもありません。 Focus Marketsは、これらのコメントから生じる可能性のある使用、および結果として生じる結果について責任を負いません。この情報の正確性または完全性に関して、表明または保証はありません。したがって、それに基づいて行動する人は、完全に自己責任で行動します。提供される調査は、特定の投資目的、財政状況、およびそれを受け取る可能性のある特定の人物のニーズを考慮していません。投資研究の独立性を促進するための法的要件に従って作成されていないため、マーケティングコミュニケーションと見なされます。

過去のパフォーマンスは、将来のパフォーマンスを保証または予測するものではないことに注意してください。このページは、事前の許可なしに複製またはさらに配布してはなりません。